症例紹介

内臓、その他

高血圧とは?

  • 一般病理学によると

    高血圧症は、それのみの自覚症状はないことが多く、約95%が原因不明の本態性高血圧症で、約5%がホルモン異常などによって生じる2次性高血圧症とされています。
    合併症は脳卒中、心疾患、腎機能障害、眼疾患等数多くあります。

  • 塚本整体院では

    高血圧は、実際は筋肉の緊張によって起こると考えています。
    血圧を上げ下げするのは血管の周りの筋肉の収縮運動によって起こります。
    緊張が起こることにより、脳への信号伝達が悪くなったり、血液が脳へ潤滑に流れなくなったりします。

    それによって体は危機感を感じ、全身を緊張させます。 この全身を緊張させると言う行動が起こると、血管の周りの筋肉は収縮し、血圧を上昇させてしまいます。

    無痛ゆらし療法でこれらの緊張をとることと、自律神経に働きかけることで、血圧を回復させることが出来ます。

このページのトップへ